>露崎春女
>露崎春女

BIO

露崎春女(つゆざき はるみ) / シンガーソングライター

神奈川県出身。
11歳の頃に観た「第28回グラミー賞授賞式」に影響を受け、ミュージシャンになることを決意。様々な楽器に触れる中でも特に打楽器を学んでいたが、16歳の時に出会ったゴスペルミュージカル『Mama I Want To Sing』で感じた <魂の声> に衝撃を受けて以来、歌手を志すようになる。

1995年10月にシングル「TIME」で徳間ジャパンよりメジャーデビュー。ブラック・ミュージックに影響を受けたボーカルスタイルで、日本におけるR&Bシーンの先駆者として確固たるファンを獲得する。1998年にリリースした4thアルバム「Believe Yourself」はオリコンアルバムチャート初登場10位を記録、自身のキャリアにおける最高位となった。

2001年11月、アーティスト名義を”Lyrico”として新たな活動をスタート。2002年にソニー・レコードよりリリースされた「キセキノハナ」は、独特のオリエンタリズムにR&B色が加わったLyricoオリジナル・サウンドとして多くの新しいファンを獲得。自身の音楽性をより叙情的で繊細な世界へと昇華させJ-POPシーンに新たな地位を確立した。

2008年10月、自身の音楽性のルーツに立ち返るべく再びアーティスト名義を”露崎春女”とし、新曲と過去の作品を含めた今までの集大成とも言える2枚組アルバム『13years』をリリース。

2011年、ヤマハミュージックコミュニケーションズに移籍。10thアルバム『Now Playing』に続き、2012年には洋楽カヴァー・アルバム『Respect』、2013年に12thアルバム『Love Naturally』をリリースする。
2015年にはデビュー20周年を記念して、自身の曲をアカペラアレンジでセルフカバー(洋楽カバーも収録)した初のアカペラ作品「ONE VOICE」を、翌年2016年にはアカペラ作品第二弾「ONE VOICE Ⅱ」をリリース。

近年では自身の定期的なライブ活動に加え、デビュー時にも参加していたシングライクトーキングのツアーコーラスを5年連続で担当。また、現在パーソナリティーを務めて6年目となったレギュラーラジオ番組「露崎春女のNatural Woman」は、全国のコミュニティFM90局以上でオンエアされ、歌とのギャップのあるトークが親しまれている。詞曲提供をはじめ、トラックメイキングやコーラスアレンジ等、他アーティストのレコーディングやライブにも参加し活動の場を広げている。

2019年1月、15thミニアルバム「Special Gift」のリリースが決定。オリジナル作品としては5年ぶり、生演奏を主体とした全曲露崎本人の作曲によるセルフプロデュースの意欲作となる。

2020年1月にはミュージカル「フランケンシュタイン」にエレン/エヴァ役としての出演が決定しており、デビューから25年の節目に舞台に初挑戦し新たな表現の可能性を求めていく。

PAGETOP
  • 2

このサイトに掲載されている記事、写真、映像等あらゆる素材の著作権法上の権利は当社が保有し、
或いは管理しています。これらの素材をいかなる方法においても無断で複写・転載することは禁じられております。

Copylight (C) 2016 SENJU Inc. All Rights Reserved.